性感染症外来

検査

トリコモナスやカンジダ膣炎は膣内帯下の顕微鏡検査で90%診断できます。
クラミジア、淋菌は帯下、子宮頚管粘液を採取培養し結果は通常2日で判明します。
HIV、梅毒の検査は採血後通常3日で結果がでます

 

*トリコモナス、カンジダ膣炎治療後性行為を伴う仕事に従事している方、再発を繰り返す方は完治したことの確認検査が必要です。
*クラミジア、淋菌感染は治療後10日以上間隔を開け再検査が必要です。再検は子宮頚管内よりの検査が必要となり自己採取検査は正確でないことがあります。
*診察で所見はないが念のため調べる場合や性行為を伴う仕事に従事し、自分を守るために検査する場合は健康保険は使用できません。

治療

患者さんとパーナー双方の治療が必要です。結果が陽性な場合は必ずパートナーに知らせてください。
トリコモナス、カンジダ、クラミジア、梅毒は主に内服治療淋菌は主に注射薬で治療します。
HIVは専門機関へ紹介します。

PAGE TOP